安全に使うために

- 安全に使うために

安全に使うために

中古ドメインは、うまく役立てることができれば新しいサイトにとって有利な情報にすることができます。
過去に同じドメインを使っていたサイトが持っていた被リンクの数も引き継ぐことができるので、新しいサイトでも最初から有利な状態で運営をスタートすることができます。
しかし、中古ドメインであればすべて有利であるとは限らず、中には危険なドメインもあります。
中古でドメインを引き継ぐ際に、安全に使うために気を付けておくべきポイントを整理しておきましょう。


まっとうなサイトに使われていたドメインであること

ドメインによっては、かつて使われていたサイトそのものが、悪質なサイトであったという可能性もあります。
悪質なサイトとしては、例えばスパムメールを送り付けるようなサイトだったり、フィッシング詐欺などをやっていた経歴があるサイトのことです。
こういったサイトの場合、検索サイトなどからもマークされ、どれだけコンテンツがあろうとも検索順位が上位にならないように制限がかけられてしまいます。

そして、自分が今から取得しようとしているドメインが、そういった悪質な中古ドメインだった場合には、その悪評までも引き継いでしまうことになるかもしれません。
せっかく、新しいサイトを有利にしようと思ってドメインを引き継ぐのにも関わらず、それと全く逆のことが起こってしまうのです。
こういった、悪質なサイトとしてマークされているドメインのことを、ブラックリストに入ったドメインと呼びます。

ブラックリストに入っているドメインであるかどうかは、事前に調べることで知っておくことは可能です。

メインサイトには避ける傾向も

引き継いだドメインにはこういったデメリットもあるので、検索順位を上げたいメインのサイトには使用を避ける場合もあります。
他にも引き継いだ情報がリセットされる場合もありますから、あくまでサテライトサイトに対して使用をしたり、活用には慎重になったほうがいいかもしれません。

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »
Copyright(C)2015 中古ドメインの使い方とは?サイト作成で活用しよう! All Rights Reserved.