中古ドメインの使い方とは?サイト作成で活用しよう!

- 中古ドメインの使い方

中古ドメインの使い方

中古ドメインのメリットとは、かつて同じドメインを使っていたサイトの情報を引き継げる点にあります。
例えば、被リンクの数だったりページランクなど、SEO対策に役立つ情報を引き継げるというところが大きなポイントなのです。
うまくいけば、新しく開設したサイトであっても、長く地道にSEO対策を続けたサイトと同等の価値を得ることができるかもしれないと考えられています。
では、そんな中古ドメインをより効果的に使っていくために、考えておくべきポイントはどんなところにあるでしょうか。


中古を導入する際のポイント

まず、何よりも中古だからといって油断せず、常に安全に使うために意識を向けておくことが必要です。
例えば、昔そのドメインを使っていたサイトが、悪質なサイトであったという可能性も考えておくべきです。
フィッシング詐欺など悪質なサイトだった場合、そのドメインがマークされている場合があります。

悪質なサイトであると判定されているドメインの場合は、検索順位でも上位にならないように制限されてしまいます。
せっかくSEO対策として中古を導入したのにも関わらず、そのドメインが悪質な経歴を持っていた場合には、その悪評も引き継いでしまうことになります。
そうなってはまったく意味がありませんので、自分が導入をしようとしているドメインの経歴については目を光らせておきましょう。

購入する際の注意

中古ドメインは、そういったドメインを販売している専門の業者から購入するという方法もあります。
しかし、中古ドメインは必ずしも効果を出すことが保証されているわけではないという点については意識しておきましょう。

体感として、二分の一くらいの確率で効果が出るといわれているほどですから、中古を引き継いだところで効果が出るかどうかは半々なのです。
それだけの確率のものにお金を出すことができるかどうかは、冷静に検討をしておいたほうがいいかもしれませんね。

また、ドメインという商品の性質上、それを購入してから返品をするということもできませんし、なおさら身長になる必要があります。
さらには、ドメインの情報はいつリセットされるかわからず、もしかしたら中古ドメイン購入した直後にはまっさらな状態のドメインになってしまっているかもしれません。
それはまったく業者には落ち度がないことですし、運がなかったと思ってあきらめるしかないのです。

リスクとメリットを考える

うまく役立つ確率は半々ですが、悪質なドメインをつかまないようにする注意さえしておけば、サイト運営に役立てられる可能性は十分にあるでしょう。

Copyright(C)2015 中古ドメインの使い方とは?サイト作成で活用しよう! All Rights Reserved.